2015/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
どうでもいい話
ここ1週間は雨が続くそうな。
ダイちゃんのお腹は濡れるし、くんちゃんは湿度が高いせいで頭から滝汗。暑すぎるのとどっちがマシなのか?


タイトル通り、どうでもいい話なんだけど。

くんちゃんちの玄関廊下は、人感センサーで点灯するようにしてあるんだけど(消し忘れる人が若干名いるのでね)
くんちゃんが寝ようとしている時にニャンコがうろうろすると、点灯するのでいっぺんに目が覚めてしまう(くんちゃんの部屋は扉はあるけど、いつでもニャンコたちが出入りできるように長暖簾だけで開いた状態です)
なのにあのちゃかちゃか歩きのダイちゃんが動いても点灯しない。なんでかな?


ダイちゃんの

IMGP3692.jpg

おすわり


IMGP3694.jpg

ゴロン


IMGP3695.jpg

ねんね




スポンサーサイト
ダイちゃんのお散歩事情と可愛いあんよ
先日、札幌の動物園から一羽のモモイロペリカンが脱走して未だ捕まっていないらしい。職員さんたちは、ペリカンが夜になると動きが鈍るのに合わせて捕獲を試みるらしいが、昨夜は失敗したそうな。
自由を謳歌しているのかもしれないが、危険もいっぱい。早く帰っておいで。
そのペリカン、女の子で「クンちゃん」という名前らしいが、こちらの「くんちゃん」はしっかり夜型。ずいぶん違うな。



ダイちゃんは若いからだと思いますが、じっとしていることが少ないのです。
くんちゃんが動くともれなくダイちゃんが付いてきます。寝ていてもパッと起きて先回りします。
散歩中、フリキシリードでのびのびしている時もチャカチャカと早足で行けるとこまで行きます。

IMGP3686.jpg

ずっと動き回るのでこんな写真が精一杯


来た頃、人は大好きなのですりすり・ゴロンはしていましたが、ダイちゃんの耳はずっとお留守だったので何を言っても届きませんでした。
でも少しづつ賢くなって、散歩中の引きも少なくなり匂い取りをしていても「無視」でその場を離れることが多くなりました(完璧ではありません)行きたい方向が違っても「こっち」と声をかけると方向転換してくるようになりました。
でもまだちょっと問題が。

毎回ではないのですが、大きめの音を出してやってくる車に向かっていこうとします。ダイちゃんの体重なのでそれを止めるのには力は要りませんが、こんな時や自分のしたいことを強く抑制された時などには、苛立ちの表現かな?とも思うのですが、ギャオンギャオンと鳴きながら自分の前足に噛みつこうとします(噛んではいないけどね)
でも、その場から数メートル離れると大抵は何事もなかったようにいつものルンタッタ大ちゃんになります。
最初の頃に比べると少しマシな状態にはなっています。
今まで自分だけが頼りだったからかな?と思いますし、経験の少なさも影響しているのではと考えています。
今は自分で自分を守らなくても守ってくれる人がいるよと教えているのですが、何しろまだまだ言葉の壁が厚いので染み通っていません。


今日のパーツ紹介

IMGP3681.jpg

前足


IMGP3680.jpg

後ろ足 地面につく部分の色が濃くなっています


食欲旺盛になったダイちゃんは、昨夜、タッパーに入っているニャンコご飯の蓋をお鼻でクイクイと開けようとしていました。
なのにサークルのロックを外しても、扉を閉じたままにしておくと自分でなかなか出てこられないのはなんでかな?




ワクチンとお留守番事情
昨夜はちょっと涼しくなり、やっとエアコンを切って寝たくんちゃんです。窓は全開だったけど。


さて今日も病院へ



IMGP3687.jpg

お出かけはどこであろうと楽しいダイちゃん


本日、無事にワクチン終了。
ダイちゃんが我が家に来た時、痩せていて目の周りや下顎のあたりに赤さが見られたので先生から「急がないんだったら、ワクチンはちょっと栄養状態が改善してから、去勢手術の抜糸後くらいにしたほうがいいですね」と言われていました。
先日、術後経過で病院へ行ったのですが、夜診に行ったので、「皮膚の赤いのが気になるので、できれば朝に」「じゃぁ、出直してきます」
今日の体重は5.0kg。じわーっと増えています。
人が大好き、病院も大好きなダイちゃんは呼ばれると一目散に診察室へ。ずーと尻尾フリフリ。診察も最初のような噛むそぶりもなく、チックンされても何の反応もありませんでした。「ずいぶん落ち着きましたねえ」と先生。
先生から見てもお腹の皮膚や赤みのある部分はずいぶん改善していると言ってもらえるほどになりました。
検温ついでに便検査もしてもらいましたが、悪玉菌もいるけど善玉菌のほうが多いし虫もいないのでこのままでと。


少しづつ賢くなっているダイちゃん。
今まではマグロのようにずっとちゃかちゃか待合室を歩き回っていましたが、最近では「ここへ来て!おすわり」と言われるとしばらくはじっと座って待っていられるようになりました。


IMGP3688.jpg

写真が写せるほどの時間は座っています


IMGP3689.jpg

でも目はキラキラ 周りで何かないか伺っています


ダイちゃんは基本的にはいたずらはしません。やっと我が家のニャンコたちとも折り合いがついてきたようなので、くんちゃんが家にいる時はフリーで過ごしています。
くんちゃんが座っている時は近くでゴロンと寝ていることも多くなってきました。
この頃は食べることが嬉しい・楽しいになってきたダイちゃんなので、ニャンコの食べ残しがあると狙うようになってきました。椅子の上でニャンコにはご飯を食べさせているのですが、ダイちゃんはそこにあることを覚えて身を乗り出して食べようとします。NOで一旦は止まるのですが、欲しいダイちゃんは何度もチャレンジしますよ。目が離せません。
そんなこんなで、万が一何かを口にするといけないので、くんちゃんが出かける時はサークル内でお留守番をしてもらいます。
来た当初はサークルに入れられるとくんちゃんについて回れないので鼻鳴きをしていましたが、最近は「お留守番よ」で静かにサークルで待てるようになってきています。




来た頃のダイちゃんトピックス
今年は早い時期から多くのトンボが飛んでいる。いつもの年より多いなと感じていて、環境の改善によるものだと本当に嬉しいんだけど、どうなんだろう?
大抵の虫たちも嫌いではないくんちゃんとしては、来年も再来年も・・・と思いながら車を走らせていました。



多分、想像以上に若いのではないかな?と思われるダイちゃん。我が家に慣れてきたのか日々パワーアップしてきて、大型犬用のおもちゃを銜えて短い玄関廊下と台所を全力疾走しています。
お外ではなかなか反応してくれませんが、家の中では名前を呼ばれるとこちらを見る確率が高くなってきました。呼ばれるとやってはくるのですが、嬉しいことと叱られることの区別がついてきたようで、雰囲気によっては少し離れたところから様子を見たりしています。これも進歩?でしょうか。


ダイちゃんは保護されてからトリミングしてもらったようで短めのカットがされているのですが、ちょっと毛が伸びてきました。飾り毛が伸びて風になびかせながら走るダイちゃんは綺麗だろうなと思わず想像したくんちゃんです。


17日に去勢手術をしました。
すごかった歯石も取ってもらいましたが若いせいか歯のぐらつきは1本もないので全ての歯が残っています。
手術前、先生に「噛む可能性があるから管理が十分できないかも知れないのでしっかり埋没縫合しておいてね!」って言っていたのです。
術後2日目には短い足でくんちゃんの足の上を乗り越えたりしていたので、カバーしていたガーゼが半分以上浮いてきました。ガーゼの意味ないなと思って外して(3日位したら取ってねと言われていた)しばらくすると、瞬時に自己抜鈎。あれれっ。術後50時間ちょっと。
傷は赤いけど嘴開していないので様子見。
翌朝には赤さがなくなっていたのでまたもや経過観察。
今は綺麗になっています。

IMGP3671.jpg

術後1日目


IMGP3677.jpg

綺麗になったでしょ


IMGP3670.jpg

ついでに我が家に来て間なしのダイちゃんのお腹 こちらも綺麗になったでしょ



引き継ぎで、あまりご飯食べません。手作りも。って聞いていたのでなんちゃって手作り食を作りカリカリの前にあげてみました。


IMGP3673.jpg

手抜き手作り食ですが


IMGP3674.jpg

ダイちゃんすごい勢いで食べています


その後も食材を変えて作ってみましたが、全て残すことはありません。


だいちゃん参上
気温は下がったけど湿度が高くていつも以上に汗をかきまくっているくんちゃんです。
でも先日つくつくほうしの声を聞きました。あと少しだ!自分に喝を入れています。


さて、お待たせのダイちゃん報告。じっくり観察しすぎて何から披露すればいいのか解らなくなっていますが、前後しつつ抜けつつご披露です。


IMGP3650.jpg
(使いまわしですみません)


ダイちゃんは前回にも紹介しましたが、チョコシルバータン・ロングコート・ダップルのダックスさんです。
くんちゃんちにきた時の体重は4.72kg、1週間後は4.85kg。ちょっと増えているけどまだまだ全身どこを触っても骨に当たります。
保護時から目の周りの毛が少し抜け、目と下顎あたりに赤いところがあり、お腹も少し発疹かな?と思う赤みがありました。背中にはないので栄養と環境の悪さによると思いますが、アトピーも否定はできないので今は食事のタンパク質は鶏肉限定で食べさせています。今のところあまり変化は見られませんが、静かにしている時は赤みが目立たないのでましになっているのかもしれません。
放浪しているところを保護されたので年齢ははっきりしません。最初は5歳くらいかな?と言われていたようですが、くんちゃんちでの動きや歯の状態から見るともっと若いと感じます。2歳に近い2〜3歳かな?


IMGP3655.jpg
(使いまわしですみません)

くんちゃんイメージでは、子犬の時は猫っかわいがり・大きくなって言うことを聞かなくなったら構ってもらえずほとんどサークル生活・散歩もあまりしたことがありませんって感じ。
たいした根拠はないのですが、まず肉球が柔らかく初日の短距離の散歩で出血。まっすぐ歩かずあっちこっちへフラフラ。サークル内ではシートでトイレをしますが、室内フリーにするとどこでするかわかりません(今は決まった場所でしてくれるようになったのでそこにシートを広げています)
形だけのオスワリ・オテ・オカワリができるのでブリーダーの放棄犬ではないので、なんちゃって家庭犬です。
極め付けは「人と繋がっていない」なので「自分のしたいことを制限されるとお口が出る」


でも人は大好きで自分から近づいていったり撫でてもらったりします。あくまで自分のペースでですが。
正直、最初の数日は何を話しかけても反応がないのでどうしようと悩みました。
ただ、叱られた時は強い「NO!」の一言でピタッと止めてこちらを見つめます。だから最初は叱っていることの方が多かったのです。


IMGP3657.jpg


そんな毎日の繰り返しでしたが、ここ数日で少しづつ変化が見られます。
「おすわり」させてもすぐ動き「早くしろ!」って感じで吠えていたのがほぼなくなりました。ちょっとだけだけど「待て・お預け」が出来るようになりました。散歩に行く時もくんちゃんが出るまで待てるようになりました。思わず先に出て「ダメ」と言われると慌てて元の場所に戻ろうとします。
嫌なことをされると思わずお口が出ることもありますが、迫力はほぼ消滅。(遊んでいる時は大口を開けてハムハムしますが歯が当たっても口を閉じることはありません)
ささやかな変化ですが、これは少しづつ人と繋がってきている証拠。


IMGP3668.jpg



ダイちゃんは幸い若いので今言われていることを砂に水が染み込むように自分の中に吸収してくれているように感じます。しっかりとリーダーシップを取れる方と一緒だとしつけも入りやすくグンと伸びていくことでしょう。


IMGP3664.jpg


今はあまりわがままも言わないダイちゃんですが、ちょっとづつ自我も出し始めています。結構素直でいい性格をしてる、でも今まできちっと教えてもらっていないのでしたいことをしていた可愛いダイちゃんです。






なん年ぶりかな?のお預かり再開
くんちゃんちは24時間エアコン使用中。
電気代が恐ろしいけど、くんちゃんも年なのか(疑問なく年です)ひ・ま・んのせいなのか今年は少し暑さの中に留まると気怠さがハンパない。
動けなくなるので、にゃんこを理由にかけている。←良心の呵責を抑えるためね。


12日から久しぶりにワンコをお預かり中です。「ワン子生活」のマリーさんちからやってきました。

チョコタンシルバーのダップルのダックス君。マリーさんが取り敢えずということで仮名「ダッチャン」と呼んでおられたので、仮仮名は大きな幸せをつかんでほしいなと「大福」としました。ダイちゃんです。

預かりっ子は只今観察中。
基本はいい仔です。
一応家庭犬を経験して来たんだろうな?って感じだけど、この仔にとって幸せだったのかどうかはちょっと疑問。
勿体つけてるわけではないけど、まだこれからいろんな変化を見せてくれると思うので、もう少し様子を見てからお披露目しますね。


IMGP3625.jpg


IMGP3627.jpg


IMGP3640.jpg


IMGP3644.jpg


IMGP3646.jpg


IMGP3648.jpg


IMGP3650.jpg


IMGP3652.jpg


IMGP3655.jpg



ピピの検診とスヴァちゃんのおハゲ
気を取り直して3度目の挑戦です。




連日の猛暑に洗濯は夜にすることにしているのですが、ベランダに干しに行くと何度かに一度は慌てて逃避行に走る蝉に驚かされているくんちゃんです。



一昨日、やっとの事でピータのワクチンと検診に行きました。
以前ピータのダイエットに成功したと報告していたのですが、体重減少が止まらず、カリカリを変えて(体重5kgの量で)様子を見ていました。
ところが何かふくよかになってきたなぁと思って食事量を体重4kgの量に減量していたのですが、それでも増えてきている感じ(我が家の体重計がストライキ中)

予想通り、体重は4.7kg→6.2kgに大幅な増量。あまりの増加にショックが強く、我が目を疑いましたよ。
幸いにも検査はオールクリア、心配していた血液の乳糜もなくてホッと一安心。ヨカッタヨカッタ。
無事ワクチンも終了して帰宅です。


IMGP3615.jpg

人の心配をよそに冬用ベッドで寝るピータ



スヴァちゃんは近頃冷え冷えマットの気持ちよさに気づいたようで、今まで使わなかったベッドをご愛用です。


IMGP3617.jpg

気持ちよさそうに寝るスヴァちゃん

IMGP3620.jpg

近づくと薄眼を開け

IMGP3621.jpg

もっと近づくと「何なのよう!」


一昨日の夜、そのスヴァスティの右ほほにおハゲのあるのを発見。
怪我をした感じもないし、皮膚病なら困るし(見たことがないのでわからない)ということでスヴァちゃんも病院へ(ピータと主治医が違うので別の病院ね)
ある種の菌に反応するというライトを当てても反応なく、別のものだと検査しないとわからないと言われ、お願いします。
ちょっと毛を貰いますね。はいどうぞ。
結果は何も反応なかったので、様子見でいいでしょうと。
こちらも一安心です。

診察が終わって、おハゲが倍の大きさになったねと言ったのはくんちゃんです。


IMGP3624.jpg

スヴァちゃんのお顔にできたおハゲ


本当に暑い日が続いています。皆さん頑張ってこの酷暑を乗り切りましょうね。
残暑?お見舞い申し上げます。


困った
一昨日ほとんど書き上げたブログが、ポインターが手のマークになって戻らず、パソコンがフリーズ状態になりました。強制終了も聞かなかったので電源を落とし、今日、改めて書いたところ、保存しましたと出たのに7月分のブログと共に消えました。
3度目のアタック。保存できるでしょうか?
プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ