2014/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
一年が早い
随分と寒い日が続いていますね。
さすがのくんちゃんもちょっと手足の先が冷たいと感じるようになってきましたよ。


ところで、
今年の漢字は「税」でしたね。我々の生活に直結する感覚で納得出来る感じはしますが、あまり嬉しくない字が選ばれたなと思いました。皆さんちはいかがでしょうね。

くんちゃんの選んだ漢字は「再」。

うちのアムちゃんは12月2日の未明にくんちゃんの手から離れて行きました。
今はくんちゃんの部屋で見張り番をしてくれています。
そういえば、アムちゃんのケースは珍しすぎて最後まで確定診断がつかないままだったなぁ〜

最後の数日は日に日にと言うより数時間毎に体調が変化していきましたが、表面上はほとんど苦しむ事も無く穏やかに旅立ちました。
発病から7ヶ月強、積極的に治療を始めて6ヶ月弱、血液の状態が回復しなかったので抗がん剤治療はなかなか出来ませんでしたが、聞いている悪性度から考えても長く頑張ってくれました。

少しでも長くいてほしいとは誰でもが思う事でしょうが、アムリトュが最後を迎えた時、最初の数秒は救命処置を施しましたが、直ぐにこのままいかせる事に決めました。苦しませたくなかった為ですが、見ていて本当に穏やかに旅立ってくれました。安楽死の選択もせずに済み、放射線治療をしたため顔の腫れがなくなり見た目は今までと変わらぬ姿で送り出せ良かったかなと思っています。

今日、アムちゃんは手を離れてから初めて外出しました。
月に一度ある法要に参加する為でした。うちの居候は一緒に参加すると言っていたのですが、出かける直前になって「あっ、帰りに行くところがある!」とミニバイクで会場へ。くんちゃんは、居候が共に参加する事より道中の車の揺れでアムちゃんが倒れないかの方が心配だったのでプンプン。仕方なしに片手でアムちゃんを支えながらの運転になりました。

くんちゃんは仏教徒です。なのでよく言われる虹の橋は信じていません。
仏教では人は死ぬと浄土・極楽へ行けますが、犬猫たちは行けないそうですよ。生前お経が読めないからだそうです。だから代わりに何度もお名号を唱えてあげました。数珠も持たせました。次に生まれる時は人に生まれておいで。そしてその生を全うした時に必ずお浄土へ行きなさいと。アムちゃん、しっかり聞いてくれたかな?




スポンサーサイト
アムちゃん、それから2
ご無沙汰です。


アムちゃんは頑張ってはいるのですが、そろそろ限界。
ここ数日で急激に落ちてきました。あまりにも目まぐるしく状態が変わっているのでうまく書けません。
怖いとすぐ手と口が出て、ここ1〜2週間は生傷が絶えなかったくんちゃんですが、今は殆ど抵抗がありません。数時間前から足が踏ん張れなくなってきました。
ただただ少しでも穏やかにと祈るばかりです。