2014/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
アムちゃんもくんちゃんも頑張っています
気温が下がって来ていますが、家の中ではまだまだ半袖。時にはタンクトップなくんちゃんです。


先日、中国自動車道を走っていたら、横から追い抜いて行ったベンツは日本のナンバープレートじゃなかった。運転席もスモークだったので日本のナンバープレートがあったのかどうかは判らないんだけど、いいのか?これで。ちなみにプレートにはハングル文字があったよ。
IMGP3293.jpg



我が家の重病人(猫)アムちゃんは見た目は本調子では無いながらも元気?に過ごしています。
くんちゃんにはいやなことをされる事が多いので少し怒りっぽくなっていますが、居候には猫なで声で甘えまくっていますよ。

そんなアムちゃんは、通院するときは人間用のスリングに潜り込んで行きます。
スリングの中でぴたっとくんちゃんにしがみ付いて隠れているのですが、最近はちょっと余裕も出て来たのか、時には外を見る事も出来るようになって来ています。

IMGP3283.jpg
病院の待合室で、ちょっと顔を覗かせてみました 

見た目元気なアムちゃんとは裏腹に、データ上のアムちゃんはボーダーラインギリギリで留まっている感じです。
放射線治療後はいい状態が続き、このままなんとか過ごしてくれるかな?と言う期待も出て来ていたのですが、再発。三種類目の抗がん剤が二度使用しただけで見事に効いて発病前のお顔になったのは良かったのですが、骨髄抑制がかかってしまったようで、以後、検査するたびに白血球が下がり続けています。

今日、やっと下げ止まったかな?って感じで二日前と殆ど同じ数値になりました。感染を起こしたら自分では細菌に打ち勝ちにくいなってレベルです。白血球だけを上げる薬はないので(あるにはあるのですが、猫では芳しくない報告があるため使用出来ないと言われています)お手上げ状態。後は効果があると言う報告はないけど、ひょっとしたら効くかも?・・・はぁ〜

だ・か・ら、使うかどうかはくんちゃんが決めて!と先生。効かないかも知れない上に費用が高いからと言うのが理由のようですが。
先生の知識(1種癌専門医です)を持ってしてもお手上げなようですね。

今のところ、リンパ腫の再発兆候はなし。何が効いているのかな?
今の状態が持ち直しても、抗がん剤は今後使えないのでね(今回の件と隠れ腎不全があるので使える薬がない)。取り敢えず、いいと言われる物は殆ど試してみています。
アムちゃんの負担にならない範囲でこれからも頑張ってみるしかないですね。(病院通いが一番負担な感じですが)



スポンサーサイト
甘えん坊ピータとベアード・アム
温度計を見ると涼しくなって来たはずなのに、相変わらず暑い暑いとわめきながら頭から汗を流している中、ほぼ毎日病院通いで、一日30時間は欲しい生活をしているくんちゃんです。


うちのピータ・ケイサリンは我が家では一番大きな猫です。ダイエットして体重は随分減りましたが、まだ一番をキープしています。
そのピータは親離れが早すぎたのか十分甘えさせてもらえなかったからなのか、甘噛みや何かを咥えてちゅぱちゅぱモミモミがしばしば見られます。噛むのは人が立っていたり傍を通り過ぎたりするときなので痛い!と叱られていますがめげません。でも布団や毛布を咥えてちゅぱちゅぱモミモミが始まるとどんな生活をして来たのだろうかと切なくなってしまいます。

IMGP3266.jpg
ピータ、ちゅぱちゅぱモミモミ中




アムちゃんの完全寛解後の生活は結構波瀾万丈?です。
食道チューブの固定糸が2回取れました。2回目は万が一1本切れても受診まで持つようにと2本掛けてもらっていたのに同時に外れました。何をしたらこうなるのでしょうね。何とか抜けてしまう前に医者に駆け込み、セーフ。

アムちゃんは放射線治療を受けたので、その放射線が当たっていた部分は随分被毛が抜けてしまいました。でも今は大分被毛が生え揃って来て顎の被毛は摘めるくらいまでになって来ています。が、そこに生えて来た被毛には殆ど色がありませんでした。
黒猫に白いあごひげ。う〜ん、ユニーク。

IMGP3274.jpg


そんなアムちゃんは、先日、病気が再発してしまいました。
上の写真は再発確定直前のアムちゃんなので顎の部分が腫れていますが、今は腫れは引いています。
学会発表に値するほど珍しく悪性度が高い症例と理解していたので覚悟はしていたのですが、今後使える薬が少ない事や今後の薬の副作用で使用を断念しなければならなくなる可能性が大きいのでどこまで治療を続けられるか・続けるかを判断しないといけない日がそう遠くない時期にやってくるかも知れません。アムちゃんのQOLを一番に考えて行動するつもりです。