2014/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
アムちゃんのその後と完全寛解
蒸し暑い日が続いていますね。
春から暑さに身体を慣らして来たつもりのくんちゃんですが、この湿度の高さには本当にバテバテ。連日、頭から滝の様な汗を流し続けていますよ。


さて、退院して来たアムちゃんは元気にしています。

退院直後は出来ればお口から御飯を食べてほしいなと思い食べさせていましたが、毎回歯ぎしりする様なギシギシギュッギュと言う音をさせて口を動かしていたので、経口摂取は諦めて100%注入での食事としました。
でも、食べる気があればと時々好きそうなおやつを目の前に出してみましたが、食指を示さず。半ば諦めていたところで少しづつ自分で食べるようになってきました。と言っても最大カリカリ5gですが。
ところで、自力で食べないアムちゃんなので摂取カロリーを4.4~4.5kg重の猫を設定して注入しているのですが、毎週100gの体重増加をしています。2週間くらい前から注入量を減らしているにもかかわらずまだ増加は続いています。困ったもんだわ。

顎の腫れも引いて来てイケニャンの様相も戻って来ているアムちゃんですが、放射線の副作用で放射線の当たっていた下顎から首の部分の被毛が退院後ずいぶんと薄くなってしまいました。一時はヘアレスのワンニャンを触っている様な感じでしたが、やっと産毛が生えて来た様な感じでヘアレス感はなくなってきました。でもボリュームがないのでちょっと変な顔ですよ。

IMGP2724.jpg
発病前のアムちゃん

IMGP3028.jpg
入院直後のアムちゃん 顎の腫れが判りますか?

IMGP3258.jpg
部分的ヘアレスのアムちゃん


昨日の事。
アムちゃんが退院して6週間経ったので、検診の為に久々のCT撮影をしに三重まで行ってきました。

少し前から腫れは綺麗になくなっていたので寛解状態だなぁとは思っていたのですが。
結果は、完全寛解。やったねアムちゃん!おめでとう!頑張った甲斐がありました。
まだまだ化学療法は続くし、いつ再発するか判らないけど。最初に間違えて幹部を触ってしまっているので少しましになってちょっとは残りながらも何とか少しでも長く元気で過ごしてもらいたいと思っていたので、くんちゃんは本当に嬉しい。

IMGP3232.jpg
アムちゃんの顎を下から見ています 囲んである部分が腫瘍です
左が治療前 右が退院前です 随分小さくなっています
今回は腫瘍がないのでフィルムに落としてもらっていないので写真がありません

IMGP3248.jpg
今回お世話になっていた伊賀市の南動物病院です


13年前、死にかけていたアムちゃんを我が家に向かえ入れ、何とか元気になって!と「アムリトュ=死がない・滅亡がない」名付けました。今回も寛解さえ無理かも知れないと思いながらの治療でしたが、アムちゃんは名前負けせずに頑張ってくれました。
多くを望んではいけないのだろうけど、アムちゃん、もう暫く頑張ろうね。





スポンサーサイト