2013/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
どんちゃん、獣医さんへ行く
今のところ何を食べてもお腹は壊しませんのどんちゃん。
生活の中での経験の少なさからだと思いますが、初めての事は結構へっぴり腰です。
初めて獣医さんへ行った時(お耳を見てもらいに)も腰を落としていやいや入り口を入りました。
これではいかんと考えたくんちゃんは、それからギールシュが受診する度(3回/週)にどんちゃんをお伴に獣医さんへ行きました。今では、自分には何もされないとしっかり認識。しっぽをフリフリ、くんちゃんの前を入り口に向かい入っていきます(あかんやん)。ギーちゃんが診察に呼ばれると自分に用がある様な顔をして診察室に入っていきますし、診察中は大人しく待っていられます。

IMGP2144.jpg
黄昏れてみる?

どんちゃんは今月末で保護されて1年になります。なので、(1週間前の事ですが)ワクチン接種の為に病院へ行きました。
いつも一緒のギーちゃんがいないのに気にしていない(気づかない?)どんちゃん。全くのいつも通りルンルン気分で診察室へも入っていきました。
こんな感じで平素のどんちゃんはのびのびと病院通いが出来ているのですが、診察台の上では話は別です。
以前は嫌な事をされると簡単に声とお口が出ていたように感じましたが、今回はしっかりと成長していたようです。
あれっ?やば!って感じで必死に降りようとしますが、くんちゃんに捕まえられ観念。それでも隙あらば逃げたいどんちゃんなので少し手が緩むと下に向かってジャンプしそうですが、柔らかく包み込む感じなだけで診察は受けられました。今回は5種ワクチンと爪切りをしてもらいました。一応処置中はマズルを掴んでお口が出ないようにしていましたが、襟カラが必要なほどに動き回る事はありませんでした。
そうそう、前の日に足裏の伸びた毛もはさみでチョキチョキしましたが、くんちゃんには抵抗する事は無駄と察しているようで大人しくカットさせてくれました。

IMGP2200.jpg


「嫌な事されて病院が嫌いになるかなぁ?」「先生、多分大丈夫ですよ。診察台降りたらいつも通りだと思いますけど。」本当にその通りで診察台からおろしたとたんしっぽフリフリなどんちゃんでした。
賢いけど単純で良かったわ?!






スポンサーサイト
黒が2匹

IMGP2216.jpg

のどかぁ〜





どんちゃんのプロフィール
先日から何日も掛かって「どんちゃんのプロフィール」を書いていました。
ずいぶんと長くなってしまったので、ちょいと別ウィンドウを開き、よそ様のブログを覗いてみました。
暑い折にいらんことしたらあきまへん。くんちゃんの頭と同じでPCがフリーズしてしまいました。何をしても風車クルクル。仕方ないのでPCを強制終了。・・・・・あ〜ぁ。


さあ、頑張って書き直します!!


どんちゃんはダックスフンドの男の仔です。ちょっと調べてみましたが、胸囲・体重・骨格からスタンダードダックスだと思います。
ブラックタンですが、タン部分とタン色が少なめです。非常に滑らかで柔らかいロングヘアが綺麗なウェーブしていて黒光りしています(大抵の人からすごく綺麗に光っていますねと言われます)←どんちゃんのアピールポイント1

IMGP2085.jpg
どんちゃん、今からサークルをお掃除するんですけど。(掃除の為ににゃんもっくを外したら)


現在、体重は8.6kg。某所から来た時は5kgくらいだったとか。どんちゃんはしっかりとした体格をしているので、獣医からも今くらいの体重が適正体重だと言われています。
年齢は募集スペックでは6~7才(飼い主申告10才)となっていますが、実年齢はもっと若い様な感じです。(多数のダックスの飼い主さん達や獣医師の意見)←どんちゃんのアピールポイント2

健康面では特に大きな問題はありません。←どんちゃんのアピールポイント3
感染症も陰性で去勢手術・臍ヘルニア手術をしています。
耳が汚れてカイカイになる事があるので(右>左)1回/週位で手入れをしています。手入れは仕始めは逃げようとしますが、耳に洗浄液が入りクチュクチュとし始めると気持ちよくなってだんだん力が抜けてきます。
胸に小さな脂肪腫がありますが、良性なので経過観察中です。
我が家に来て一度だけおやつを盗み食いしてしまいましたが、その時に軟便になったくらいで下痢もした事がありません。むしろ便秘気味になる事があるので、食事で野菜を摂らせています。
食べ物に好き嫌いはなく生野菜も果物も食べます。

IMGP2091.jpg
しっかり顎を乗せて寝るつもりのようです。


どんちゃんは饑餓期間が長かったのか、普通量を食べさせると体重が増えてしまいます。今はどこのお家に行ってもいいようにドッグフードを食べさせていますが、量は普通の1/2~1/3量です。これでは満足感がありませんので野菜の煮込んだ物に少し動物性の香りを付けて大量トッピング?しています。

他の動物とは?・・・
我が家には4匹のにゃんこ達がいますが、問題なく同居していますよ。←どんちゃんのアピールポイント4
むしろ、どんちゃんの方が引き気味で、最初にネコパンチされた猫が通り道に寝転んでいるとこちら側へやって来られません。これは散歩中に出会う犬にも言える事で、基本的には回り道をして通り過ぎます。自分から吠えていく事はありません。関心はあるようですが、お友達の仕方を知らないのだと思います。知り合いの方の犬の場合は、自然と傍に近寄れますしすぐ近くにいても喧嘩にはなりません。我が家に来た時と少し違った態度を示していますので、これからは遊ぶ事も覚えてくるのでは?と思っています。
その他、人は好きですし少しでも構ってもらえそうだとしっぽフリフリ近づいていきます(男女関係無し)

IMGP2093.jpg
近づいてみるとこんな顔。


性格は、恐がり・ビビリです。しかし、我が家へ来てからの変化を見ていると、今までに普通の生活をして来なかった事による経験のなさや人との接触の少なさが出ていただけの様な気がします。
この4ヶ月の間だけでも加速度が付いたように表情や行動がいい方に大きく変化してきました。まだまだ発達途上ですが。

躾面では・・・
ここのところ急激にいろんな言葉を理解し始めました。(今まで判っていても反応しなかっただけかも知れませんが)
なので、手を添えないと出来なかった事が言葉だけで出来るようになってきています。(少し離れるとまだ出来ない事も多いのですが)
言葉で今出来る事は、おすわり・待て・お手・おいで・伏せ・とまれ・おあずけ・よし・おうち・ハウス等です。お仕事、お買い物、お留守番と声をかけると大体サークル内へハウスしてくれます。←どんちゃんのアピールポイント5
どんちゃんは、今ではほとんど吠えません。留守中もサークル内で大人しく待てますし、よその犬に出会っても吠えません。時にインターホンに反応する事はありますが「だめ」の一言で止めます。←どんちゃんのアピールポイント6
くんちゃんが帰ってきて荷物を片付けたりしていると、サークルの中から小さく鼻泣きする事はあります。
お散歩ではきっちりと脚側歩行が出来ます。当然、家を出る時もくんちゃんより先に出る事はありません。←どんちゃんのアピールポイント7
基本、散歩は運動なので歩くだけを要求します。しっかり早足で付いてきます。リードが緩んだままなので一瞬抜けて付いて来ていないのではと横を見てしまうほどですよ。時々匂い取りをしますが「今それいらない」と声かけするとまた歩き始めます。ぐっと止まる時は排泄したい時だけです。なので、信号等で歩くのを止めるとどんちゃんもきちんと止まります。
しっかり歩いて家の近くまで帰って来たら「かけっこよし」でフレキシリードをフリーにします。その時に始めてくんちゃんより前に出てもOKになります。どんちゃんは走るのも大好きなのですごい勢いで走る事も度々です。

どんちゃんはトイレは外でもシートでも出来ます。←どんちゃんのアピールポイント8
ただ、汚れたシートは嫌なようで、2回目以降はちょっと違う場所にしようとしますが、胴の長さを自覚していないのか少しはみ出す事もあります。

どんちゃんはどこを触っても怒りません。むしろ無抵抗です。恐がりなところがあるので無理矢理な行動は防御に出ようとするところはありますが、今では噛むには至りません。
餓えの期間があった為か食べ物に対しては執着があります。手に持ってあげている間は優しく貰うことが出来ます。が、一旦自分の物になった時は守りに入ります。鼻に皺を寄せて唸ります。それも少しましになって来ており、守り体制が強く出てしまった時でも「ハウス!」でご飯から離れることが出来るほどになっています。手を出さなければ問題なく、近くを通っても、手以外がどんちゃんの身体に触れても大丈夫です。食器に触れる事も出来るようになっています。
まあ、食べている時に構われると怒る犬は一杯いるので問題の内に入らないレベルにまでなっていると思いますが、出来るだけ愛されるどんちゃんであってほしいので、我が家にいる間はまだまだ服従訓練の一つとして取り組んでいきたいと思っています。
同じように餓えが原因だと思いますが、どんちゃんはフリーで留守番をするとゴミ箱を荒らします。結構鼻先を器用に使い開けます。家の中にくんちゃんがいる事が判っていると、足下ににゃんこ達の食べ残しがあっても食べません。同じように散歩中も匂い嗅ぎはしても拾い食いはした事がありません。

これまであまり遊んだ事がなかったのか、おもちゃで遊ぶ事はあまりありません。でも一つだけ目をキラキラさせて遊ぶ物は・・・
猫じゃらしです。にゃんこ達に遊ばせていると必ずどんちゃんも同じレベルで参加します。必ず破壊されますが。我が家の常備・必需品になりました。

あ〜、そうそう、どんちゃんは車は大丈夫です。好きな方かな?
そして、雷も平気です。

IMGP2141.jpg
お膝犬どんちゃん。大きい身体で「降りたくないです」と何度も身体をお膝にフィットさせていました。


一杯書いてしまいました。長過ぎて読み辛かったですか?
思いつくままどんちゃんの現状を書きました。
どんちゃんは非常に頭のいい子です。人を見るところがあるようです。今はくんちゃん限定の部分もあると思います。でも先日、はなママさんちで過ごした1週間では何の問題もなくいい仔だと言って頂けました。最初はちょっと大変さを感じるかも知れませんが、きっちりリーダーシップをとって下さる方だと扱いやすい仔だと思います。
我が家に来て間もなく5ヶ月になろうとしています。こんないい仔になったどんちゃんですから、幸せを一杯感じる・感じさせるお家に一日も早く落ち着ければいいなと願っています。
皆さんも応援してあげて下さいね。