2012/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
シャル通信(14) 抜糸しました
昨日で術後1週間。抜糸の為に病院へ行って来ました。
傷はきれいでクレンメの除去だけ。皮膚直下までは溶ける糸で縫合してあるのでしこりが残っています。溶ける糸が吸収されるのは1ヶ月くらい、長い場合は3ヶ月くらいかかります。徐々にしこりも小さくなっていつの間にか無くなっていたわーって感じになると思います。
ついでに耳も見てもらって来ましたが、ほとんどOK。右の奥がまだ少し肥厚しているとの事ですので、もう暫く薬を流し込む事にしました。
IMGP1353.jpg
去勢手術痕

IMGP1354.jpg
臍ヘルニア手術跡

ほとんど傷跡が判らないでしょ?

シャルの体重が10kgの大台に乗っていました。


シャルはお散歩は好きですが、時々うんち・しっこをしてしまうと一目散に家に帰る事があります。「こっち」と誘導しても円を描くようにして家に向かうのです。まあ寒い折ですので私もこれ幸いにとばかり無理強いせずに帰って来ますが。
IMGP1352.jpg
玄関が開くのを待つシャル。本文とは関係ありません。

家で出来る事も外に出ると気が散って出来ない事もたくさん。今日は外で「おすわり 待て」を練習してみました。声をかけながらなら、5~6m以上離れても待っていられるようです。そして脚側歩行にチャレンジを始めました。成果は後日ね。
スポンサーサイト
シャル通信(13) シャルの変化
シャルが我が家にやって来て1ヶ月が過ぎました。
成長している部分と全然あかんやんと思う部分が入り乱れています。

身体では・・・
ドライアイが酷かったので充血し瞬膜はチェリーアイかと思ったほど腫れていて、あまり眼が見えていなかった様子でしたが、毎日の点眼できれいになりました。やって来た数日はいろんな物にぶつかっていましたが、眼がきれいになるとそれも無くなり車止めや側溝の格子蓋も上手に飛び越えています。畑の中を散歩すると溝を認識していなくてボソッと落ち込んでいましたが、それも経験の無さだったのか今ではちゃんと飛び越えます。
耳はどこが耳の穴か判らないほど腫れ上がっていましたが、点耳薬できれいになりました。
同じように皮膚も赤くなり肥厚して脱毛している部分があったりしていました。今は赤くなった部分はありません。毛は生えてくるのに少し時間がかかるので、きれいに生え揃っているとまではいきませんが、おハゲが目立たなくなって来ました。
IMGP1244.jpg
来たばかりの時の状態

IMGP1328.jpg
1週間くらい前の状態

今はもう少しきれいですよ。


そんなシャルですが、お行儀面では二進一退くらいでしょうか。
私の勝手な推測ですが、シャルは構ってもらわない・運動をさせてもらえない・充分なご飯がもらえない・最低限の医療も受けさせてもらえない等無い無い尽くしの環境に居たんじゃないかな?と思います。
まずは人とのコミュニケーションが無かったらしく言葉を全く理解せず、人の声に反応しようとしませんでした。今も人の声に耳を傾けない時もあります。都合良く聞き流してくれるのです。まあ、負けずに聴くまで(時には顔をこちらに向けさせても)声かけしていますが。

今一番大変なのは、トイレの躾。
相変わらずトイレシートの認識はありません。最初に比べずいぶんと間隔が空いて来ているので本来は散歩の時間まで我慢出来るはずなのですが(3~4回行っています)、しっかりと声かけをしてからでないと、姿が見えないとそこら中にしっこをします。一時期ましになっていたので、置いて行かれる不安からの場合がほとんどだと思いますが、今日はプランターの我が家菜園にネギを取りに行った少しの間に玄関廊下に水たまりが出来ていました。

言葉を知らなくて不安の強いシャルですが、お勉強中の色々なコマンドは少しづつ確率が上がって来ているように感じます。食べ物が絡むとシャキッと出来る事が多いです。
ご飯時は「おすわり まて おあずけ よし」で食べますが、「隙あらば突撃」感はなくなってよだれを垂らしながらも待っていられます。
IMGP1333.jpg

「まて」がずいぶん出来ようになって来て玄関から先に出る事はなくなりましたが、これはくんちゃん限定。居候が散歩に連れて行く時は確率が下がります。「まて」と言われても私が動くと付いて回っていましたが、時々ですがその場で待っていられるようにもなりました。
散歩中は今のところフレキシリードなのですが、前を歩いていても道の角や交差する所では「とまれ まて」のコマンドで待てるようになって来ています。数歩動く事もありますが。

毎日の声かけでいろんな事を学んでいるシャルですが、優しい言葉でコマンドを出すとしっかりと反応出来ない事があります。コマンドを出す時はメリハリのある出し方が必要です。 先日の手術時も女先生が「NO」と言ってもいう事聞かず、院長曰く「くんちゃんはもっと強く言っていたで」だったそうです。
 
最近、目薬を差すのに「おいで」と言って傍に来ても逃げようとします。本当は嫌な事なのだと思いますが、逃げる事といい当てつけっぽいしっこする事といい、ひょっとするとやっと少しの自己主張が出て来たのかなあと思ったりしています。

今日の嬉しい事は・・・
シャルが「ふせ」のコマンドで初めて自分で伏せました。飛び出し防止には出来た方がいい躾ですものね。 

昨日から、シャルの残った歯を守る為に歯磨きを始めました。歯磨きジェルの味はシャルのお気に入りです。



 
シャル通信(12) 嬉しい事
シャルはこのところ、サークルに入るのにあまり抵抗しなくなって来ました。
何がよかったのかは判りませんが、ちょっとは楽しいところと認識して来たようです。今は私がいないときだけ扉を閉めていますが、ご飯や夜寝る時は開けっ放しです。
そのサークルでは朝起きてしっこをするまでは扉を閉めますが、シートでするのはその時の1回だけ。声をかけてもしないで、ご飯の用意に席を外した短時間にします。後は散歩の時なのです。間隔があいて来たと書きましたが、実際、夜やお留守番の時は長時間にも関わらずほとんどしていません。
しかし、散歩から帰ってすぐの時でも、私が二階に上がったりすると階段下に水たまりがあったりします。ほって行かれる事への当てつけかな?とも思いますが、そんなケースに当てはまら無い事もあり、まだまだしたい場所にしたい時にする生活から抜け出ていないのではと思います。トイレを教えるのは大変ですね。
そんな毎日が続いていますが、今日はたった一度だけですが嬉しい事がありました。私のいる横でジャジャジャジャーッとしっこをしてくれたのです。ちょっとシートからはみ出ていましたけどね。いっぱい褒めて、シャルはおやつを貰いました。簡単にはいかないでしょうけど、目の前でした事が無かったので嬉しい驚きでした。

IMGP1329.jpg
シャル田んぼ道を散歩するの写真です
シャル通信(11) 
手術が終わった後もいつもと変わりなく、元気元気なシャルです。

傷はどんなんかとシャルをひっくり返して見てみましたが、きれいなものでした。去勢した後に3個、臍ヘルニアの手術跡には5個のクレンメがありました。抜糸までいくつ残っているのでしょうね。
IMGP1343.jpg
臍ヘルニアの手術跡です。
歯は、前は犬歯まですべて、奥は右上2本、左は上2本下1本かな?ぐらついた歯が無くなってご飯が食べやすくなったようで、昨日初めてドライフードを噛むカリッという音を聞きました。でも偶然ぽくって大抵は飲み込んでいるようです。
IMGP1338.jpg
大口を開けてくれないので前歯だけね。

ちょっとは噛めるやんと思い、少し硬いカット豚耳などを差し上げてみたところ、嬉しそうに咥えてはむはむしていたのですが、見てみると大笑い。無くなった歯の間に入り込んだようで楊枝を咥えたような形で端が口から出ていました。うちに来た時から舌を使うのが下手くそだったので、この食べ方がどこまで改善されるかは判りません。慣れの問題かな?でも食べられる範囲は大きくなったと思います。

今日(昨日)は仕事で遅くなり、帰って来た時には雨が降り始めていました。いつもはトイレ散歩を楽しんでいるのに、今日はうんちだけしたらまっすぐ家に帰り「おうち」と言われなくても玄関へ。強くなくても濡れるのが嫌いなのかも?と思いました。下が濡れていても気にしないで散歩するので、また確かめてみますね。なので、今日連れて行こうと思ていた医者行きは明日雨が上がってから行くことにしました。

手術と前後してシャルがコマンドに従わない時が出て来ました。特に「おすわり」。まず何か食べ物があるかを探しているようです。我がままより自我の目覚めと解釈したいくんちゃんですが、また様子見しないといけない事が増えました。
シャル通信(10) 手術終わりました
無事に手術を終えたシャルを時間通り迎えに行って来ました。

手術前にはちょっと暴れん坊もして(不安だったかららしいです)点滴を抜いてしまったりしたようで、おハゲがふたつ増えました(清潔を保つ為に持続で点滴する時は必要分だけ毛をカットしている為です)麻酔の覚めが予想以上に早かったようでまたもや暴れて点滴中止。しっかり麻酔をさました方がよいとの事で、術中の説明を受けながら皮下注射を1本してもらいました。この時は私が制していたので大人しくさせてくれました。「くんちゃんの言う事はよく聴くのにね」だそうです。

去勢部分も臍ヘルニアの部分もきれいに縫われていました。皮下まで縫って表面はクレンメ(ホッチキスの針みたいなもの)で止めてあります。
さてお口ですが、抜いた歯は7本。右上の奥歯と左上下の奥歯そしてほとんどの前歯が残りました。元々抜けて無かった歯もあるので何本残っているのでしょうか?明日にでも数えてみようかな?
抜いた歯は歯石の上に毛が巻き込まれていて、歯からおひげが生えたような感じ。見てみたい?





IMGP1336.jpg

歯石が1mm位の厚さでびっしり付いていましたが、残った歯はきれいにしてもらったのでお口はクチャク無くなりスリスリも出来そうですよ。
今日はゆっくり休ませようと思うので、明日またじっくり傷跡と口の中を見てみたいと思います。

今日の手術をしてみて「もう少し若いかも」と言うのが先生の感想です。
シャル通信(9) こんなん見つけました
シャルはただいま手術中です。もう終わっていると思いますが、何の連絡もないので無事終了したのだと思います。
なるべく遅いめの方がいいとの事ですので8時頃に迎えに行く予定です。

シャルを送り出して掃除を初めて見ると、なんだこれ?
IMGP1335.jpg
一昨日からラバーボールを甘噛みしていたからぐらついていた歯が1本抜けたようです。
いっその事、もっと早くにいらん歯だけ自分で処理してくれてもよかったのに。
シャル通信(8) お風呂
今週水曜日にシャルの去勢手術が予定されているので、今日はお風呂に入れました。前回までと少し違った表情を見せてくれましたよ。
今日のシャルはちょっと余裕の表情にも見えて、逃げよう逃げようとはしませんでした。洗っている間は嫌そうにはしていましたが、お風呂上がりのタオルドライとドライヤーで乾かす時には洗面所から逃げずにちゃんと乾燥させてくれました。あれっと思ったのは、先日遊んで覚えた「おて」が役に立って足を乾かす時には手を出したままじっとしていてくれました。いい仔ねと褒めまくりましたが、さすがに耳は風が当たるのがいやなのかそっぽを向かれました。

先日の受診時にもバイトノットを外すとカイカイなめなめしていたのですが、今日もドライ中は自然と後ろ足が動いていました。爪で皮膚を傷つけると余計に痒くなりそうなので、シャルは少し長めのトリミングの方がいいのかもしれません(今はやむを得ず全バリ状態なので爪も当たりやすいです)

お風呂後はハイテンションでラバーボールを追いかけかじっていました。タイミング悪く手元にデジカメがなかったので写真はありません。
IMGP1305.jpg
数日前の写真ですが、かわいいでしょう?
シャル通信(7) 手術日が決まりました
前回の受診から1週間。病院へ行って来ました。
「先生、出来ますよね。」とプレッシャーをかけながら、去勢手術の日を決めて来ました。19日(水)にすることになりました。この日に小さい臍ヘルニアの手術と歯石取りも一緒にしてもらいます。緩んでいる歯もあるので何本かは抜くことになるとは思いますが、さて何本残るでしょうか?クチャイ歯とおさらばになるのでちょっと楽しみ。

今日は病院がずいぶんと混んでいました。待ち時間が結構あったのですが、その間のシャルは・・・・
最初はちょっと落ち着かず「おすわり」も出来なかったのですが、何度も言われ手を添えられて「ふせ」。何回か立ち上がっては「だめ」「NO」と言われ数分するといい仔に変身。でも、周りの音や人の動きが気になってキョロキョロ。立ち上がりかけては「NO」で思い直し、ずいぶんと長い時間「ふせ」で待っていられました。
IMGP1320.jpg
待って二人目の患者さんが終わったところで、その飼い主さんが構って下さったとたんに立ち上がってスリスリ攻撃でしたがね。

二日前からおむつはしていません。ハラハラの時間なのですが、その方がシャルも頑張って散歩に行くまで我慢しているようで今のところ失敗はありません。同じ時からサークルに入れる時も私がいる時は扉を開けたままにしていますが、「だめ、ねんね」で外へ出てくる事はなくベッドで寝ています。
急速にいい仔になって来ていると思いませんか?

シャル通信(6) お行儀は?
シャルを預かってからなぜか超多忙となり体調まで崩して出遅れていたシャルのお行儀教室ですが、ここ数日でやっと本格的に始めました。と言っても、私の基本的考え方は、周りに迷惑をかけない・本犬の安全を護る・楽しく過ごせるが主なので、いわゆる芸を教える事は含まれていません。
以前にも書きましたが、シャルは短時間の「おすわり」とたまに効く「おいで」車には自分で乗れますだけでやって来ました。後は野放し状態(笑)わちゃわちゃしていてなかなか人の声が耳に入らないようでした。

教室中はおやつ等は使いません。
今お勉強している事は、
「おいで」・・・家の中では完璧。外では楽しすぎて半分くらいかな?
「おすわり」・・・気が焦ってすぐに立ち上がろうとします。
「まて」・・・なかなか待てませんが、玄関を出る時に飛び出し防止のためにかける「まて」はしっかり聴けるようになりました。
「おあずけ」・・・ご飯やおやつの時なのでほぼ完璧になって来ました。
IMGP1302.jpg

「まっすぐ」・・・言葉を理解しているかは判りませんが、散歩中に車道へ出て行こうとする事は無くなって来ました。
「赤信号・おすわり・まて」・・・外は楽しすぎて集中しづらいです。事故防止の為にも強化したいと考えています。
「とまれ」・・・前へ前へと行くので声をかけますが、リードがいっぱいになると戻ってくるのでその場でとまる事を教えていこうと思います。
「おうち」・・・散歩から帰って来た時に言うと、玄関の前で待つようになりました。
「はうす」・・・嫌いです。ご飯・留守番・寝る時はサークルで過ごします。なるべくなら入りたくないようですが、入ってしまうと大人しくしています。大抵は寝てしまいますが。

おやつは使いませんと書きましたがこちらへの集中が少なかったので、おやつで遊んでしまいました。いらん芸なのに「おて」「おかわり」出来るようになってしまいました。フローリングに滑りながら必死です。ついでに「ふせ」を教えています。食べ物が絡むと早いですが、なしで完成したいと思います。

シート認識はまだありません。朝はサークルですると出すようにしていますが、他の時はアブナイです。出来た時に褒めても遊んでもらっている感じで「いい事をした」の認識がないようです。諦めずに根気よく頑張ります。
IMGP1316.jpg
相変わらず足をあげずにしっこをします。
シャル通信(5) 日常生活
8日の日曜日。シャルはredさんの譲渡会に参加して来ました。かまってチャンのシャルは本当に家では見られないくらい伸び伸びと楽しんで来たようでたくさんの方のブログにも登場させて頂きました。それらを読ませて頂きながら私は一人でニヤニヤしていました。皆さん、お世話になりありがとうございました。家では見られない保護犬の姿も見られるし他の預かりさんにもお目にかかれるしetc・・・私も行きたかったなあ。次回は必ず参加したいと思います。
お昼寝のなかったシャルは、帰りの車でも爆睡。おやつも食べませんでしたとばかりの勢いで夕食も完食。いつもと変わらない生活に戻っています。
卒業生のバディくんのお母さんからシャルにと、洋服・スヌード・ズボン・おやつをかばんごと頂きました。ありがとうございます。全バリ中でおハゲのあるのシャルには今は洋服が必需品なのですが、本当に手近にはシャルサイズがなくて探すのが大変でした。買っては見たものの厚手だったので、室内には向かず探そうと思っていた所でしたので大変助かりました。スヌードに至っては可愛くない物で我慢していたのです。本当に感謝です。
IMGP1315.jpg
シャルもありがとうと申しております。

そして、募集前にも関わらずシャルに会いに来て下さった方がいらして来月からのトライアルが決まりました。先住さんがいるそうですので相性次第になりますが、いい方向にお話が進むと嬉しいなと思います。結果どちらに話が進んでも保護犬に目を向けていただけた事ありがとうございます。トライアルまでにもっと家庭犬らしくなっていますね。


先週の金曜日に、シャルを連れて獣医さんに行って来ました。我が家に来て2週間経つので、全身状態の改善具合のチェックといつ頃去勢手術が出来るかを見てもらう為です。
体重は9.68kg(保護時は9kg)になっていました(どうりで胴輪がきつくなって来たはずだわ)くんちゃんの(ここ大事)見立て通り皮膚の状態も耳の状態もほとんどOK。点耳薬も二三日に一回でいいでしょうって。残念ながら小さくはなってきている後ろ足のリンパ腺の腫脹が残っているのでもう1週間様子を見ましょうとの事でした。これは皮膚の状態が悪かった為です。首のリンパ腺も腫れているのですが、これは歯のせいでしょうとの事。クチャイお口とおさらばしたらなくなりそうです。
IMGP1309.jpg
シャルの待合室での一コマ。柔らかいでしょう。

シャルは本当にいい性格をしています。攻撃性は全くなく何をされても無抵抗で、人を見ると誰彼なく挨拶に行きます。歯が悪いので固いものは噛めませんが、出されたものは何でも食べますし食べている途中に口に指を入れても噛んだりしませんよ。
外に出るとちょっと聞かない時もありますが、家の中では「おいで」は完璧。目薬を見ると逃げようとしますが呼び戻しの声で帰って来ます(目薬は抵抗なく差せます)
私がいる時はフリーにしていますが、ホットカーペットの上がお気に入りのようで、私が別の部屋にいてもその上で寛いでいます。時々いる事を確かめにやって来てはまた戻っていくのが何か可愛く見えますよ。
うちの猫たちとはトラブルなし。ちゃかちゃかと動くので時々猫パンチを貰いますが全く気にしている様子はありません。が、猫たちを押しのけては前へ進めないようで呼んでもウロウロしてこちら側へはやって来ません。「あかんたれやなあ」と猫をちょっと移動させると嬉しそうに横をすり抜けて来ますよ。
なんとかしなきゃと思う事は、トイレと鳴く事とゴミ箱あさり。これらも徐々に改善中と言えると思います。トイレは間隔が空いて来たのでおむつ生活ももう少しかな?サークルにいる時は時々鳴いていますがこれも短時間で諦められるようになって来ています。「だめ」「NO」がしっかり判るのでゴミ箱に首を突っ込んでも止めますが、目が届いていないと引っ張り出し食べ物の匂いの付いたものをしがんでいたりします。蓋があれば開ける事はありませんが。
IMGP1319.jpg
ちょっと悪さをしてサークルに入れられました。反省中と言いたい所ですが堪えていませんね。

シャル通信(4) 譲渡会参加
今日は雨は止んだけどすごく寒くなりましたね。今までほとんど寒さを感じていなかった私も外へ出るのがおっくうになるほどでした。と、書いてるうちに日が変わってしまった。

そんな寒い中、redさんのフリマと譲渡会が開催されました。私は仕事で行けなかったのですが、皆さん寒い中本当にご苦労様でした。
シャルはミッキーママさんのご協力のもと、譲渡会初参加となりました。ミッキーママさん、手のかかるシャルを会場まで送り迎えいただきありがとうございました。
そんなシャルは鬼の仮母から逃れ、自由三昧おやつ三昧で楽しい一日を過ごして来たようです。いろんな事もあったようですが、疲れと病み上がり?のくんちゃんですので詳細はまた明日。中途半端でごめんなさい。
シャル通信(3) トイレ事情
シャルは今までどんな生き方をして来たのだろう?ってよく考えます。飼い主の持ち込みとかだと、過去の事はさっぱり忘れてこれからの犬生を思う存分楽しんでほしいな、早く本当の家族と一緒に幸せを感じてほしいな等と考えるのですが(この気持ちは変わらないのですが)なんかそれ以前に今までのシャルの状況ををもう少し理解してあげないとうまく家庭犬への道へリードしてあげられないような気がするからです。まあ、かまってもらっていなかった事は当然ですが、あまり外へ出た事もないような気がします。楽しいと感じた事もなかったのかな?
私、結構ストレートに犬とは対します。褒める時は褒めまくります。でもシャルは褒めてもらっても言葉の雰囲気をつかみ取っていませんでした。だから二日目から暫くは恐怖を感じる位だめな時は叱りました(言葉でだけですが)その後はまた褒める生活に戻っていますが、今は優しい感じの言葉や制止の為の言葉を雰囲気で感じ取るようになって来ていると思います。なんか子育てと同じ。言われたり経験したりした事がないと言って聞かせても理解出来ない。すぐになんでも出来るとは思っていないし褒めて育てる方がいいとは思っているけど、たまにはがつんといかないと褒めてもらった事がどれほど嬉しい事かを判っていないというレベルだったのだと思います。さあシャル、期待に応えて後は成長あるのみだよ。
IMGP1257.jpg


シャルが我が家に来た時、20~30分に一回はトイレをしていました。サークルに入れるとすぐにシートの上でしっこをしたのでシート認識があるのかなと思ったのですが、サークルの外に出ても場所の関係なくあちらこちらとしまくりました。マーキングかと思ってもそれらしくなく、ただ単にしたい時にしたい場所でする、それだけでした。幸い我が家の一階はすべてフローリングなのでティッシュとバイオウィルを持って拭きまくるだけですんでいます。うんちすら台所でしようとしました。この時は現場を見つかり大きな雷を落とされて、以後家の中ではうんちはしません。あまりの回数に今はおむつ生活をしていますが、日を追う毎に間隔が延びて来ているので間もなくおむつとはお別れ出来ると思います。室内トイレの練習との兼ね合いがあるのでちょっと難しい所もありますが、シャル共々頑張ります。ああそうそう、シャルはしっこするとき足はあげませんよ。
シャル通信(2) 身体編
シャルは劣悪環境に居たであろう事が簡単に推測される状態で我が家にやって来ました。
初期診察ではアレルギーや皮膚病ではなく環境の悪さと栄養状態悪さに寄ると診断されていますが、所どころ禿げていて皮膚も硬くなってそこかしこに発疹が見られました。耳は真っ赤で腫れ上がっていた為、硬くなりどこが耳の穴かも分からない状態でした。そのせいか、呼びかけもほとんど聞こえていないようで反応なし。体中が痒くてたまらないようでずっとカイカイなめなめ。散歩に連れ出せば肉球から出血。わーぁ、どうしてコミュニケーションを取ろう?と思い悩む私。
カラーをした方がいいのかな?と思い獣医と相談。結果、耳の状態が悪いので蒸れないようにする為にもカラーはしない方がいいとの事。しょうがないなと奮発してバイトノットを購入しました。
IMGP1265.jpg

バイトノット生活1週間になりますが、やっとカイカイも治まって来たようで本犬は不自由を感じている風もなく生き生きと動き回っています。毛が薄くなっている所はまだ生えて来ていませんが、耳は柔らかくなりしっかりと穴も判るようになりましたよ。
眼もドライアイで真っ赤っかだったのが、毎日の目薬できれいな目になりました。ふん!しんどい中、手をかけただけの事はあるよね。
後は栄養状態が良くなった事が確認出来れば去勢手術だね。幸せへの道の第一歩スタートです。
シャル通信(1) 10日経って
体調不良が長引いているくんちゃんです。せっかくの3連休もグズグズだらだらしてしまっています。さっさとブログを書いていない言い訳です。

さて、本当に短時間の「おすわり」と時々聞きわける「おいで」、人は大好き、車には自分で乗れます、だけで我が家へやって来たシャルヴァティ。当然排泄の場所はわきまえず、猫たちの食べ物にも突進し、ゴミ箱に頭を突っ込み、あまりにわちゃわちゃするので猫たちにフーッシャーッ言われて続けていたシャルヴァティ。

少しづつ落ち着いて来ました。分離不安が強いので、姿が見えないと吠えまくっていました。が、一昨日ぐらいからフリーにしている時に自分で私とは別の部屋に行って寝てみたり、留守番の時も吠えている時間が短くなって来たりしているようです。ちょっと我が家に慣れて来たかな?
そんなシャルですが、散々大きな雷を落とされながら少しづつ賢くなって来ていますよ。人がいるのが前提ですが、「シャルのと違うよ」で猫のご飯を食べには行かなくなりました。猫たちに先にあげているのですが、自分の番まで座って待っていられれます。自分のご飯でも「待て」「おあずけ」が出来るようになりました。目を離したら突進しますがね。

皮膚の状態がもうひとつなので、今日はお風呂に入れました。大人しく洗わさせてくれますが、なぜか逃げ場に選んでいるのはお湯のたまっている浴槽。ちょっと押し返しての攻防を繰り返しました。ドライでも逃げたそうでしたが、どちらも強い抵抗はありません。そして、サラサラのシャルが出来上がりました。

今強化中なのは、玄関を出る時の「待て」と散歩時のふらふら歩きの矯正。安全第一ですものね。