2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
心の洗濯とおばあちゃんちの外猫さん
日曜日、縁あって奈良・薬師寺の食堂(じきどう)の落慶法要に参列しました。

日差しは強かったのですが、時折爽やかな風が流れる中、荘厳な雰囲気で落慶法要は進んでいきました。
食堂の開扉から始まり、本尊の開眼・入魂の儀式、能家元も参加されての舞台の奉納などがありました。
御本尊は日本画家、田渕俊夫画伯が描かれた「阿弥陀三尊浄土図」でそれと共に仏教伝来を伝える大壁画が奉納されました。

IMG_3349.jpg

入堂


IMG_3355.jpg

開扉の儀式


IMG_3360.jpg

雅楽もオーケストラも生


IMG_3375.jpg

お家元


IMG_3381.jpg

奉納の舞台


IMG_3390.jpg

金堂


IMG_3384.jpg

大講堂


IMG_3382.jpg

食堂



こちらへは、確か2000年に訪れて以来なのでずいぶん久しぶりです。
前回は平山郁夫画伯の絵・玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画」が奉納された時でした。
食堂の御本尊と壁画を描かれた田渕俊夫画伯は平山先生のお弟子さんだそうです。今回の壁画「仏教伝来の道と薬師寺」で天竺からわが国への仏教の伝来が繋がりました。


帰りに頂いたお弁当。
車の中で食べようとして、一緒に行った友人が先に開封。「おかずがない〜!」
一見、日の丸弁当みたいでした(写真は撮り忘れ。でもうちの居候はすごく美味しいと言って食べていました)
疑問なまま、お腹すいたねと回転ずしでお腹を満たし(次の予定で急いでいたから)京都でお別時。
終わった後でそちらの住職にこうこうでとお話ししてみると「これは白蒸し、格式あるものやで」って。
奈良での習わしのようでした。知らないって怖いですね。



さて、話は変わって、おばあちゃんち(母)には主に3匹の猫たちがご飯を食べにやってきます。
この子たちは去年の春に生まれた子です。
キジ白は兄弟で4匹いたのですが、今は2匹しかいません。この子たちは早くからここでご飯を貰っているので、すぐ傍にいても逃げません。
むしろくんちゃんが行くとどこからともなく現れて何かを貰えると期待した目で見つめてきます。
黒い子は後からやってきたので、キジ白ほど慣れていませんが、逃げなくなってきました。


IMG_3392.jpg


IMG_3393.jpg


IMG_3395.jpg


IMG_3396.jpg


IMG_3399.jpg



お外暮らしですが、なんとか頑張って無事1歳を迎えることができました。
この子たちに関わったから、6兄弟を保護する事に繋がりました。
くんちゃんの年を考えると飼ってあげることはできませんが、うちに来る限り空腹にだけはならない生活を保障してあげようと思っています。
(ご飯をあげるだけならアレルギーの居候にもできるからね)







スポンサーサイト
仔猫の里親募集
一つ前に大ちゃん記事があります。


気温はそれほど高くなくても湿度が高いので、ちょっと動いただけで頭の中から汗が流れ出しているくんちゃんです。

くんちゃんの実家では、90才になる母が一人暮らしをしています。自由に動き回ることが難しくなっては来ているのですが、気ままに暮らせて都合がいいらしく同居は拒否されています。
なので必然的に日常的に必要なものの補充や週末の食事や安否確認のためにくんちゃんは毎日通っているのです。

話は遡って3月くらいから始まりますが、いつものように実家に行くと裏庭に野良猫が一匹いました。逃げるわけでもなく捕まるほどには近づかず。それからはほぼ毎日姿を見かけます。
しばらくするとお腹が大きいのかな?(骨格が小さいのではっきりせず)4月になるとタルタルのお腹。あれれ?どこかで赤ちゃんを産んだの?
母に聞いてみてもご飯はやっていない、居着かれると困る、と。でもやってない人のところへこんなに日参しないよね。
この猫ちゃん、本当にガリガリなのです。なんとかしてやらないとね。

実家のすぐ近くにはくんちゃんの幼馴染がいます。
彼女にどのくらいの野良猫がいるのかをリサーチしてみました。
すると、ご主人が野良さん達に餌をあげている、増えても困るしご近所さんからクレームが来ても困るしなんとかしたいと思っていたけど方法がわからなかったって。
だからそこからは早かったですね。TNRをしている知り合いに協力を求めて成猫5匹の不妊手術が終わりました。まだ何匹かは居るらしいので終了ではありませんが、周りにいた猫のうち3匹の雌猫(わかっているメスはこれだけ)の手術が終わっているので一安心です。
でもこの雌猫はみんなこの春に子供を生んでいるのです。ちょうど2ヶ月くらい。
そのうちの4匹が親と一緒に捕獲されました。まだ手術するには早すぎるし、離すと次に捕まるかどうかがわからないので、只今、幼馴染宅にて居候中です。
外で暮らすのは過酷です。なのでできればお家猫にしてあげたいなと思っています。
猫を飼いたいなと考えている方がおられたら、この仔達の事を御一考いただけませんか?


生後2ヶ月くらいでカリカリも食べますが、ウェットの方が好きです。現在600g前後の体重です。
トイレは自立しています。
保護時から見た目はとても綺麗な仔猫達です。
医療処置等はこれからになります。
十分な人馴れはしていませんが、攻撃性はありませんし抱っこもできます。


IMG_0808.jpg

IMG_0797.jpg

ほとんど黒のサビ猫 女の仔 最後に捕獲されたので正面から手が来るとシャーが出ますが攻撃性はなく抱かれてしまうと力が抜けてきます 尻尾は短い


IMG_0784.jpg

IMG_0781-(1).jpg

全身茶トラの男の仔 尻尾は真っ直ぐ長い 慎重派でしたが今はしっかりジャラシに反応しています


IMG_0789.jpg

IMG_0778.jpg

全身真黒の女の仔 一番人馴れしていて指を近づけると可愛い手でチョイチョイしてきます 一人遊びも上手です 尻尾は短い


IMG_0790.jpg

IMG_0775.jpg

お腹から足先まで綺麗なキジトラの男の仔 尻尾は真っ直ぐ長い


譲渡条件
単身者でも構いませんが、家族の一員として命が尽きるまで大切に育ててください。
適切な時期が来たら、不妊・避妊手術をしていただきます。
毎年の予防接種・フィラリア予防と必要な医療処置をお願いします。
完全室内飼いをお約束いただき、脱走防止を心がけてください。







お知らせ
先週、携帯を変えてiphoneにしました。
色々といじくっている途中ですが、先日icloudの設定をしたら、以前の電話帳と繋がらなくなりました。なので、只今誰の連絡先もわからない状態になっているので、電話・メールができません。
週明けくらいにはなんとかなる予定ですが、それまではこちらからは連絡できません。
ご迷惑をおかけすることもあると思いますがご了承ください。
あれれ?
変な梅雨が続く中、くんちゃん、ほぼ復活です。
右足の痺れは失くなりました。筋力が戻ってきていませんので上下動には気をつけています。歩いてはいるのになぁ・・・

なので二階へ行くのは洗濯物を干す時と取り入れる時がほとんど。その時に二階ベランダ組の植木たちにお水を上げます。


一昨日のこと。
水やりを順番にしていると、あれれ?、昨日まで随分と大きくなってきていた「たった1株しか生えてこなかった水菜」の葉っぱが芯を残して全部無くなっている。
誰の仕業だぁ!と思って見渡しても食べそうな幼虫のかけらも見えず。

IMGP3606.jpg


無農薬で育てるのでわざわざ二階のベランダに植えてみたのにな(下だとバッタが葉っぱを食べるので)
よく見ると芽のところまで食べられているので枯れてしまうのを待つだけかなぁ。サラダにできる日を楽しみにしていたのに。
種が残っているので再度挑戦してみようかと思っていますが、そういえば、以前植えたバジルも美味しそうになってくると食べられてしまった事を思い出しました。


同じ日に植えた綿の種は順調に育っていますよ。

IMGP3607.jpg




中華菜 火ノ鳥続編
暑かったり寒かったり、もとい、涼しかったり。体がなかなか付いていきません。

昨日、くんちゃんの誕生木「ココマグノリア」が花を開きました。まだ小さな木ですので多くはありませんが、年々花の大きさが違って今年は5〜6cmくらいになりました。多分これ以上は大きくならないのではと思っていますがどうなんでしょうね。

IMGP3579.jpg

IMGP3580.jpg



花数が増えるのはいろいろ見てきたけど、大きくなるって変。
この花、1日だけで花びら分解で落ちてしまうので、しぶとさではくんちゃんに似ていない。大きくなってきたのは似ているけど・・・


火ノ鳥開店二日目。偵察に行ってきました。
居候と2人で行く予定だったけど、前日くんちゃんの従兄弟当日に専門学校からの友人夫妻と予定が増えて計5人。

行く人数とダメな食材だけ(一人は食べ物アレルギーがあった)を連絡しておいたので、お任せのコース料理となりました。
だからテーブルにあったのはお酒のリストメニューだけ。結局普通のメニューは一度も見ずに帰ってきてしまいました。

もともとおしゃべりなくんちゃん。父から始まりうちの2ニャンの介護生活で久しくお外生活をしていなかったので、何年ぶりかで会った友人としゃべりまくり(家出人が料理の説明に来てくれても気づかず、人に言われておしゃべりを中断する始末=何回も)、今日は写真を撮るからねと言っていたにもかかわらず忘れてしまいしっかり中抜けです。


IMGP3581.jpg

お店の入口

IMGP3584.jpg

前菜8種

IMGP3585.jpg

ず〜と跳んで〆のご飯 フカヒレとなんかって言ってたな

IMGP3586.jpg

デザートの杏仁豆腐とマンゴープリン

IMGP3588.jpg

くんちゃんたちが食事した個室

IMGP3589.jpg

個室入口からカウンター席を臨む


招待したはずの友人が席を外している間に支払いを済ませていた(後で家出人に聞いたら、彼女が頼んだ15年物の紹興酒の分だけ頂いたと言っていた)ので、ごちそうさまとだけ言って帰ってきました。家出人に借りができたな。
くんちゃんの名誉のために言っておきますけど、彼女の旦那はお金持ち。支払いのタイミングがズレるとなぜかいつもこうなってしまう。確信犯ではありません。(彼女たちは西宮からお店のある北浜まで行き帰りタクシーでした。日常です)

いつも何かの空回りがあるくんちゃんの1日でした。




プロフィール

くんちゃん

Author:くんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ