2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
みのりさんにず〜っとのお家が出来ました
IMGP2855.jpg

IMGP2857.jpg
以前の職場に咲いている桜達。車で通り抜けてみました。

暖かくなってきました。桜も満開。でも風邪を引いているくんちゃんはお鼻のズルズルが満開。久しぶりのコンコンの激しさに、只今最低限の行動しかしていません。←すごくいい言い訳

そんな風邪ひきの始め頃、京都のお寺に行く用事があったので、てんてんさんに無理を言いトライアル前のみのりさんに会ってきました。
覚えていたのか恐がりが少しましになったのか「みのり」と呼ぶとしっぽフリフリでやって来てお顔をペロペロ攻撃。
抱っこされている時、よそのWANが通りかかると大きな声でワンワン。当然ながらくんちゃんに叱られて直ぐに大人しくなりました。

では、その時の数少ない写真をご披露。

IMGP2847.jpg
ゆゆままに綺麗にしてもらい、被毛もスベスベ、色鮮やかです

IMGP2848.jpg
何を狙っているのか飛び跳ねるみのりさん。この首輪はふうままに作っていただいたものの一つです。

IMGP2849.jpg
あまりの落ち着きのなさにぶれぶれ写真連発

IMGP2850.jpg
可愛い優しいお顔をしているでしょう?

IMGP2852.jpg
くんちゃんとのラストツーショット

3月30日からトライアルに入ったみのりさんは、嬉しい事に二日後には正式譲渡のご連絡を頂き名字が出来ました。
見守っていただいた皆様、ありがとうございました。

それにしてもみのりさん、色々やらかしてくれていますねぇ。ちょっと心が痛いです。
一日も早くマッチング出来ますように。


そんな頃、
IMGP2828.jpg
ギーちゃんとアムちゃんが仲良くねんねしていました。



スポンサーサイト
里親探し会とお引っ越し
土曜日は寒いなりに日差しがあり、お日様の中では気持ちよく過ごせました。
そんな日にred-stringRed-String〜赤い糸〜の里親探し会が開かれたので、みのりさんと参加してきました。

みのりさんは結構恐がりさんで他の犬や人に吠えたりする事が多かったのですが、今日はずいぶんと優等生ぶりを発揮して最初から全ての場面でいい仔をアピール出来ていました。離れてみても目で追ってくるだけで吠えて呼ぶ事も無くずいぶん落ち着いて来たなぁと嬉しくなったのでした。ここ数日こんな感じで成長してる感を強く感じています。

いつものようにあまり写真は撮っていないのですが、撮った写真も「もひとつやな、残念!」って感じのばかりでしたが取り敢えずご披露しますね。

<保護犬達>
IMGP2623.jpg
かぶり物で遊ばれるみのりさん

IMGP2628.jpg
あやめちゃん

IMGP2619.jpg
Qたろうくん

IMGP2630.jpg
ポポくん

IMGP2616.jpg
さっちゃん

IMGP2614.jpg
卒業したてのチャチャくん

先日正式譲渡になったどんちゃんも遊びに来てくれました。
どんちゃん、ますます甘えたさんになって「キュ〜ンキュ〜ン」と鼻泣きいっぱい。幸せオーラもいっぱいでダイナマイトボディからコーギーサイズ(ママ談)に変身していました。元気で長生きしてね。

IMGP2633.jpg


お土産いっぱい貰って帰ってきました。皆さんありがとう、そしてお疲れさまでした。


そして今日月曜日、初期の検査処置が全て終わったので、お約束通りみのりさんはお引っ越ししました。

どこでもいいから一緒に行きたいよう〜のみのりさんを連れて向かった先は、優しい笑顔で出迎えてくれたゆゆママyuyumami宅。
途中てるさんと待ち合わせ(と言ってもすぐ近くだった)お宅に付くと可愛いアルフ君とポコちゃん(変だな、二人とも男の仔なのになぜかポコちゃんと言ってしまう)の熱烈歓迎を受け舞い上がるくんちゃん。ずっと会ってみたかった生のアル・ポコペアは本当にかわいらしかったですよ。
みのりさんも最近までのビビリさんは封印して部屋の中を徘徊し、アル・ポコペアとも問題なく(本当なのか?)過ごせそうだったので「まて」と言ったままママ宅を後にしました。

IMGP2636.jpg
出発前のみのりさん

IMGP2637.jpg
相変わらず写真は嫌なようで正面からは撮れず

IMGP2639.jpg
姫と見間違えそうなアルフ君

IMGP2643.jpg
凄く穏やかなポコちゃん・男の仔

IMGP2646.jpg
早くもリラックス出来ているみのりさん

ゆゆまま、楽しい会話をありがとうございました。みのりさんをよろしくお願いしますね。
てるさん、ありがとさんでした。

ちょっと可愛さが増して来ていたみのりさんなので、チョット寂しさも覚えたくんちゃんでした。



みのりさんの首輪
ないがしろにしていた訳じゃないけど我が家から三郎がいなくなって、やってくる居候さん達は小さい仔ばかり。中型以上を想定して準備していたので小さい仔用のグッズがほとんどありません。
なので、みのりさんは胴輪だけで来たので迷子札を付ける首輪がありませんでした。どんな行動をとるか判らないので先ずは名札を。手元にあるのはニャンコ用の首輪だけ。痩せたみのりさんにはそれで十分でした。

近頃、活発さを増して来たみのりさん。ニャンコ用ではちょっと首に負担がかかる時もあるかな?と首輪を新しくすることにしました。

今回も以前ニャンコ用に作っていただいたふうままふう りん かい と にゃんこの首輪にお願いしました。タイトル通りニャンコ用の首輪を作って売り上げの一部を寄付なさっているのですが、ワンコ用にとお願いして作っていただきました。

IMGP2589.jpg
取り敢えず付けたニャンコ用首輪。

IMGP2588.jpg
名札がリボンになっています。リボンの裏側には連絡先が刻印されています。

IMGP2575.jpg


IMGP2609.jpg
新しい首輪です。可愛いでしょ。

IMGP2612.jpg
みのりさんは小さいので15mm幅で作っていただきました。

市販の首輪と較べても高くはありません。間接的ボランティアをお考えの方にお勧めですよ。




不思議なみのりさん
今日に記事は何日も前から書いていたけどなかなか纏まらずやっと書き上げた記事。
時系列に疑問が出ても流してくださいね。



今日は京都、明日は篠山。
ちょっと信心深くなっているくんちゃんは、毎月別時念仏会に参加しています(我が家は浄土宗)
人間形成にはいいはずなのに、腹立たしく感じる事が多いのは何でなんでしょうね。


お腹を壊したり乳腺腫瘍の手術を受けたりで慌ただしく過ごしていたみのりさんですが、気がつくと我が家滞在がもう1ヶ月を過ぎています。
はれっ!!それにしてはみのりさんをあまり把握出来ていないではありませんか?
何でなんかなぁ?と考えてみるとやっぱりみのりさんは不思議さんなんですよね(あれとこれとで辻褄の合わない事がいっぱい)

細かい事はうまく表現出来にくいところがあるのですが、今回はそんなみのりさんを纏めてみますね。

身体については、
みのりさんの顔は目の周りや口元に白いものがあるので7〜8才くらいかな?と思われます。
顔だけ見るとまさにその通りなのですが、顔以外の部分には白いものは無く、貧毛でおハゲなところもあります(低栄養と悪環境にいた為だと思われる)し、毛玉だらけだったので今は散切りに近い状態ですが、他のダックス達とくらべても艶やかな被毛を持っているので年齢はもっと若いかもしれません。

お腹には手術跡があります(皮膚の下を絹糸で縫合しているらしく吸収されていないのでザラザラと触れます)
多分、避妊手術の跡だろうととの事ですが、今後ヒートが来るかどうか様子を見ている段階です。
おっぱいは大きくないので子供を産んだようには見えませんが、我が家に来た当初は外陰部が大きく腫れていました。でも、炎症を起こしている感じではなかったのです。今はずいぶん柔らかく小さくなっていますので、産後の状態だったといわれてもおかしくない外陰部でした。

みのりさんは毛に隠れていて判りにくいのですが、左右の乳頭の数が違います。手術で取ってしまった様な形跡はありません。生まれつきのようです。
IMGP2584.jpg


みのりさんはちょこまかと動きます。
椅子には垂直跳びで飛び乗ります(今は叱られるのでほとんどしません)し、階段も昇ってきます。どうしても下で待っていられないので、「まて」と言われても少し時間が経つと昇って来てしまいます。
なのにお肉がほとんどない状態で我が家に来ました。だからかな?散歩していると何度もつまづくのです。ナックリングしてるのかな?とも思ったのですが、今のところ関節等には問題は無い様でただ単に筋力が無いだけだった感じです(今ではたまにズッコケルだけですよ)

身体以外では、
全く以て攻撃性はありません。
来た当初は超が付くほどにフレンドリーだったのですが、数日して我が家になれてくると恐がりな面が出てきました。
動いていない人に対してはしっぽを振って近づいて行きます。が、こちらに向かって歩いてくる人がいると逃げようとします。後ろから後を追って歩いてくる人も気になって仕方がなく、しっぽが下がり後ろを振り向きながら前に進みます。
バス停でベビーカーに子供を乗せ少し大きい子供を連れたお母さんがいました。少し大きい子供がこちらを見ました。声も出さず指差しもしなかったのですが、みのりさんは後ずさりしました。子供がらみでは同じ様な事が何度かありました。苦手なようですね。

凄く甘えたいみのりさんですが、手を怖がります。物を取ろうとしたり撫でてあげようと手を伸ばすと全身で身をすくめます。では、お尻の方からそっとと思ってもしっぽを巻き込んで身をすくめてしまいます。でも触ってしまうと力が抜けて身を預けてきます。膝の上も大好きで抱っこするとすぐ寝てしまいます。

みのりさんはずいぶんと痩せています。
にもかかわらず、食が細いのです。何で食べないのかなぁ?
我が家では預かり犬は、原則、カリカリフードに手作りのトッピングをしています。
が、最初は食べていた食事を数日でほとんど食べなくなりました。なのでその後は手を替え品を替えの状態で食べる物を探していたのですが、どうもみのりさんは質の悪いフード(嗜好性が高いと言われるもの?)かおやつ類あるいは人間の食べ物を貰って食べていた感じです。
安いフードはお店にもサンプルが無かったので確かめられませんでしたが、おやつは飛びつくばかりに口を開けますし、パンの耳等は抵抗無く口を開けて食べてしまいました。
しかし、野菜や果物はほとんど食べません。今のところ抵抗無く食べたのはイチゴだけです(風邪ひき居候のお裾分け)
みのりさんの体重は、最初の3.85kgから4.35kgにまでなりました。まだまだ痩せているのですが、今矯正しないと後々大変だろうと思い、荒療治する事に決めました。
獣医さんに相談すると3日くらいで食べるようになるのではと言う事だったので、体重減少を覚悟して5日前からカリカリフードのみの生活に入りました。お留守番時のおやつもなしです。
初日は目の前に置かれても匂いを嗅いだだけで食べず。夜間サークルにカリカリを置いておくと夜中にカリカリと音が・・・2〜3日は同じ様な状態でしたが、2日前くらいからは「はいどうぞ」と食器を出すと食べるようになってきました。と言っても全量は食べませんので100g体重が減ってしまいましたが。一応4kgを限度に続けようと思っています。
御飯はなかなか食べませんが、油断をすると食べ物の匂いにつられゴミ箱をあさります。この辺からも人の食べ物を食べていた感じですね。

とても大事な事ですが、アイコンタクトがほとんど取れません。
聞こえているのに呼びかけても振り向きもしなかったのです。
最近では家の中では人の話し声によく反応するようにはなって来ていますが、散歩中はまだまだで、「おいで」に反応するのが半分強くらいでしょうか。自分からアイコンタクトを取ってくる事は無かったのですが、先日フレキシリードで前を自由に歩かせていると初めてこちらの存在を確かめてきました。それ以降は時々視線をこちらに向けますが、しっかりとしたアイコンタクトとは言い難い状態です。

ざっと羅列しただけでも、みのりさんの今までは本当に不毛だったんだなぁと想像出来ますよね。
寂しがりのみのりさんが、これからは愛し愛される生活が築けるように応援しますね。

IMGP2569.jpg
そんな顔して見つめても だ・め!



お風呂風景
今日は入浴風景をご紹介。

我が家ではいつもお風呂場でくんちゃんと一緒に入りシャンプーします。
取り敢えずシャンプーして、そのまま待ってもらい、その間にくんちゃんが自分を洗います。

IMGP2578.jpg
お風呂場に入った時はまだウロウロと探検する余裕があります。

IMGP2580.jpg
一旦身体を濡らされるとちょっと逃げ腰になり、足の短いみのりさんは時に洗面台の下に潜り込む事もあります。
なるべくなら逃げたい方ですが、暴れたり身体を引き寄せても抵抗したりはしません。

IMGP2581.jpg
こんな顔をして恨めしそうに見られる事はあります。

IMGP2582.jpg
お風呂を上がるとその場ではスリスリしたりして動き回りますが、別の部屋に逃げて行ったりはしません。
今回は寒くなって来たのでバスタオルでくるんでストーブの前で待っててもらいました。綺麗にくるんでしまうと大人しく待っていられます。